相続で得た一戸建ては、不要であれば売却しよう。

新しい住宅を購入する前にやっておくべきこと

ピックアップ

売却のススメ

そのままにしておくのは損です

相続はしたものの、一戸建てはすでに持っているという場合、どうするでしょうか。核家族化が進む中、相続の際、このような問題に直面する方が増えています。そういった方がよく取る選択肢が、売却してしまうことです。なぜ、売却してしまうのが良いのかと言うと、固定資産税と相続税の関係からです。一戸建ては持っているだけでも固定資産税が掛かります。住んでいる、住んでいないは関係ありません。持っているだけでも、出費が発生してしまうのです。相続税の関係というのは、相続税で所得税を安くできるというものです。相続した一戸建てを一定期間内に売却した場合、相続税を費用として所得税を計算できます。家は人が住まなくなると、途端に傷みが速くなります。資産価値が下がってしまう前に、売却してしまいましょう。

相続税を所得税の費用にするには

相続税を所得税の費用として扱うには、いくつか要件があります。一戸建てを売却をする前に確認しておきましょう。まずは、適用に関する要件です。相続又は遺贈により財産を取得した者が対象なので、相続人に限定されません。ただし、申告期限から3年以内に売却する必要があります。次に、申告に関する要件です。所得税についての確定申告はもちろん、相続税の申告書も必要となります。相続税が正しく計算されているかを確認するためです。申告書そのものは、相続税の申告の際に提出するので、所得税の申告の際は、その写しで構いません。相続税の申告書は、自分で保管する用とで三部作っておきましょう。現在、世の中の7軒に1軒は空家であるとされています。自分の相続した一戸建てがそうなってしまわないように、早めに売却作業に移りましょう。

オススメリンク

Copyright© 2015 相続で得た一戸建ては、不要であれば売却しよう。 All Rights Reserved.